かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

古物商

20090512 - 古物商

別記様式第1号

住民票、身分証明書、法務局登記されていない証明書、誓約書、略歴書

成年後見制度(せいねんこうけんせいど、成年後見ともいう[1])とは判断能力(事理弁識能力)の不十分な成年者を保護するため一定の場合に本人の行為能力を制限すると共に本人のために法律行為をおこない、または本人による法律行為を助ける者を選任する制度である。ドイツの世話法、イギリスの持続的代理権授与法を参考にして2000年4月、旧来の禁治産・準禁治産制度にかわって設けられた。

準禁治産者じゅんきんちさんしゃ(一般)
1999年以前の日本の民法によって心神耗弱や浪費癖のために家庭裁判所から禁治産者に準ずる旨の宣告を受けた者のことを指す。
1999年の民法改正でこの名称は廃止され、「保佐」「補助」という新しい類型に改められ、浪費癖は要件から除外された。

千代田区九段南1-1-15
法務局にて書類を申請

19000円

商許可標識作成

広告を非表示にする