読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

韓国の携帯文化

Memo

「韓国のヲタクが合コンに行ってみた」 チーム “Pe”

ミンジュン役(男)…①
ヨンホ役(男)…②
ゴヌ役(男)…③
ヒョヌ役(男)…④
ソヨン役(女)…⑤
タクシーの運転手…⑥
電話先…⑦

ナレーター…⑧

音響…
演出…
脚本…



ナ:今日は夏休み最後の日曜日、冴えないヲタクたちが彼女を作るためにタクシーで合コンに向かう途中です。
■□■□■□■□■□■□■□
■タクシーの中(紙芝居みたいに紙に書いて前に表示)
パイプ椅子を使ってタクシー内部を表現。運転手&男3人が乗り込んでいる。
ヲタクたちの服装はいかにもっぽい感じで、シルバーアクセとか付けてみましょう。白いジャケットとかあれば、着てみてもよし。
6:「はーい。どちらまでー?」
3:「じゃあ河南駅前のスタバ前までお願いします。」
運転手は出発の素振りを見せて出発。 【♪】車の効果音5秒ほど、それからは音を小さくしてバックグラウンドで流す。
■□■□■□■□■□■□■□
ピピピピピピ……電話に出る。友達は携帯でゲームをし、口パクで話す。 【♪】電話の音
7:「よっ、ミンジュン。新しいゲーム出たんだよー、お前もやってみろよー」
1:「ネーネー。え、まじっ?やるやる。URL送ってよ!!」
7:「わかったー今送るね」
1:「サンキュ。じゃっ。」
電話を切って、友達に話しかける
1:「なんかねー、新しいゲーム出たらしいよ。ダウンロードしてみるわ。」
ダウンロードしてみる。ダウンロードも早い。
1:「あっ、終わった」
2:「え、どれどれ。見せて見せて。」
3:「なかなかグラフィックもきれいじゃん。」
2:「だな。でもちょっとローハンのパクリっぽくない?」(ローハンとは韓国のゲーム)
1:「確かにちょっと似てるかも。」
タクシーが到着して、運転手が後ろを向く。 【♪】車が止まる音
6:「6千ウォンです」(韓国の初乗りは1,900ウォンで250円)
3:「じゃ、俺がまとめて払っとくよ」
3はお金を払い、1,2はタクシーから降りる。そして舞台からはけていく。
■□■□■□■□■□■□■□
ナ:無事、カムナム駅に着き、ヲタクたちは若干テンションが高めのようです。
■河南駅(カムナム)のスタバの前にて(紙芝居みたいに紙に書いて前に表示)
3がスタバの紙パックを持って、飲みながら3人で話す。
1:「やべー超緊張する。テンションあがるなー♪張り切っちゃうよ。」
2:「ワンダーガールみたいな子来ないかな??」
3:「そんなの来たら興奮するね」
1:「来るわけないだろ。前回だって大失敗だったぞ。」
2:「いや来るに違いない。絶対来る。そしたら絶対口説こう。」
3:「お前じゃ無理だって。俺に任せとけって。」
2:「なにー、絶対お持ち帰りするからな」
ピピピピピピ…… 【♪】電話の音
3:「あっ、ソヨンちゃんから電話だ。」
2:「おっけー♪」
電話に出る。友達は黙ってうろうろ周りを見るそして口パクで話す。
5:「今、駅に着いたんだけどどこにいるー??」
3:「もうスタバの前にいるよー」
5:「あっ、そうなんだ。私もいるよーどこかなぁ。」
お互いに周りをうろうろして、しばらくして気づき電話を切る。そして会う。
3:「やぁ、久しぶり元気だったー??就職活動で最近、連絡取れなかったしね。」
5:「うん。ゴヌくん久しぶり。私は元気だよ。就職も決まったしね……実は中央日報に内定したんだ。言うの遅れちゃってごめんね。」
3:「中央日報なんて、すごいじゃん!!昔から記者になりたいって言ってたもんね。」
5:「うん♪ありがとう。そういえば、ハウンは少し遅れるみたいだけど、そっちは揃ったかな??」
3が友達の方を振り返る。
3:「そういえばパクいないじゃん。連絡あった??」
1:「俺は知らないなーちょっとパクに電話してみろよ」
2が電話を手に取り、電話をしてみる。プルルルル【♪】電話の音…15秒
2は首をかしげながら電話をする
2:「あいつ、出ないよ。どうしよっか」
1:「ドタきゃんかよーありえないよ。最悪。誰か今から呼べそうなやついないかな??」
3が5の方を向いて謝る。
3:「ごめんね。一人ドタキャンみたい。ちょっと今探してみるね。」
5:「大丈夫よ。気にしないで。」
2が割り込んで、3に話しかける。
2:「あっ、ヒョヌなら来るかもしれない。電話してみよっか」
1:「でもヒョヌって明日から徴兵だろ。大丈夫なの??」
2:「わかってないなー。そうゆう時だからこそ、合コンだろ。」
2が電話を手に取り、電話をしてみる。プルルルル【♪】電話の音…15秒
■□■□■□■□■□■□■□
■ヒョヌの家(紙芝居みたいに紙に書いて前に表示)
パイプ椅子をつなげてベットにする。
4はベッドで寝そべりならが電話に出る。
4:「おっす、ヨンホどうしたのー?」
2:「実はさ、今から合コンなんだけどこれない??ホントに人数足りなくて困ってるんだけど、来てくれないかな頼むよー。明日から徴兵いって言ってたけど、せっかくだから来ちゃいなよ♪彼女作っちゃおうぜ。ほら、この通りだから。」
3人で揃ってテレビ電話越しに懇願
4:「そんなに言うならしょうがないなー。確かに彼女もいないで徴兵行くのもさびしいしな。でどんなメンツが来るの??かわいいんだよな??」
2:「こんな感じ。超かわいいだろ」
テレビ電話で女の子を見せる。5もにっこり笑ってピースする。
4:「超かわいいねー行く行く。で、どこでやってるの??」
2:「カムナムだけど、来れるでしょ??」
4:「明日朝9時にノンサだけど、大丈夫かな??」
2:「大丈夫だよ。今日はオールのつもりだし、その足でみんな送ってくよ」
4:「おっマジか。ありがとー今から30分後くらいに着くはずだから先に行ってて。」
2:「了解。マッコルリって飲み屋なんだけど、駅に着いたらまた電話して」
4:「はいよーじゃっ。」
電話を切って、みんなに話しかける。
2:「今からヒョヌ来てくれるって。でも明日からあいつ、徴兵で行っちゃうって言うから盛大に壮行会してやろーよ。」
3:「そうだね。というわけで、ソヨンもよろしくね。じゃあそろそろ移動しよっか。」
5:「うん。」
飲み屋に向かって行き、舞台からはけていく。
ナ:そうしてその後…ヲタクたちは楽しい合コンを過ごすことができました。めでたしめでたし。

広告を非表示にする