かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

いきものがかり番組収録@HEY!HEY!HEY!

都内某所で行われたいきものがかりHEY!HEY!HEY!の番組収録を観覧してきました。


screenshot


ハジマリノウタ【初回生産限定盤】

ハジマリノウタ【初回生産限定盤】


TV未公開のノスタルジアを聞いてきました。
いきものがかりは何が素晴らしいかって‥
CDで聞いても生で聞いても劣らずいい声であることですね。
あれだけ間近でプロの演奏を聴くとすごいなーって思います。
スタジオの後ろ、つまり演者からみて真正面には大きなスクリーンがありました。
そして歌っているときはそこに大きく歌詞が出ていたことは少し驚きです。
ライブでは歌詞もみず、きちんと歌ってくれるので期待です♪
ちなみにオンエアは3/8です。


大道具の倉庫を通ったり、スタジオの裏側も見ることができましたが…
本格的なセットで番組一本でかかる製作費が高いのも納得いきました。
かなり大変そうな現場で上下関係とか厳しそうでピリピリした現場でした。
テレビ局や制作会社で求められるのは頭の良さよりも、コミュニケーション能力や空気の読める力が大事そうでした。
コンテンツに対する愛がないとあそこまではできないなとも思いました。
誰がどんな役割をしているのかわからなかったですが、漠然と無駄が多そうな経営体質も散見できました。


収録前に近くのロッテリアでお昼を食べましたが、そこにはいきものがかりファンが大勢いてなぜか仲良くしてもらいました。
見た目的に同年代の大学生が多いのかと思うと高校生が多いこと、弟と同学年、もしくはそれ以下の子もいて楽しかったです♪
上は社会人の40代から下は高校生まで、普段接することのないような人と交流できるのは魅力です。
それも接点は「いきものがかり」のみというところが素敵で面白いところです。
年齢や性別関係なく、おじさんも高校生もアーティストだけでつながるっていうのは奇妙な光景です。
会社のことや学校のことには触れず、ただアーティストのことにだけついて話すというコミュニティは自分にとって新しいです。
オフ会なども定期的に行っていたり、ファンクラブ仲間でスキー旅行があるとも聞きました。


さて、最後にファンクラブのご案内です。
今では年間5000円ほどでどんなアーティストでもファンクラブに入れます。
高くてコスパに見合っていない、そう思っている方も多いと思いますが、ファンクラブは極めてお得です。
もともとライブのチケットをヤフオクで高値で買うのがめんどくさいので入ったのがもともとですが…
ライブチケットが買いやすく、いい席が取れるだけがメリットではないんです。
今回のようにそのアーティストが出演する番組、歌謡祭の閲覧権が当たります。
自分は入って1年ですが、お台場合衆国めざましライブ、Music Lovers、HEY!HEY!HEY!などが当たっています。
年末になれば幕張メッセなどで行われるようなFNS歌謡祭などの大規模イベントにも参加できます。それも無料で。
ジャニーズ系やMr.Childrenのようなあまりにメジャーすぎるものは難しいかと思いますが、入る価値が充分あります。
これを機に自分の好きなアーティストがいれば、ぜひ入ってみてください。

広告を非表示にする