読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

なぜmixiアプリは無料なのか??

なぜmixiアプリは無料なのか??

現在ではmixiGREEモバゲータウンなどで無料で遊べるアプリが流行しています。少し前なら月額いくらという使用料金を払ってゲームをしていたのに対し、なぜ最近では無料でアプリが遊べるようになったのでしょうか??ユーザからはそのビジネスモデルはわからず、なんとなく使っている方も多いと思います。今回はその裏側に少しだけ迫ってみようと思います。そこから得られるのは単なるユーザになり下がるなということなのか、アプリ開発者になれということなのか、それは自分自身で考えてみてください。


screenshot

mixiアドプログラムを知っていますか??

mixiアドプログラムとはご存じでしょうか??これはアプリのデベロッパーじゃない限りあまり知られていないと思います。これは端的にいうとmixiアプリのPVによって広告収入がアプリ開発者の口座に支払われるというものです。どうしてあれだけ多くの高品質なアプリが無料で楽しめるのかという秘密はここにあります。mixiは広告料で稼ぎますが、PVがなければ広告主はつきません。そこでアプリ開発者がアプリをmixiで公開してPVを稼いでくれる代わりにmixiが広告主から得ている広告料の一部をアプリ開発者に還元しているという仕組みです。


screenshot

PV単価

当然、PV単価や条件が決まっていて、PV単価表で確認することができます。PC版、モバイル版で単価は異なりますし、マイアプリ登録者数、月間UU、デイリーUUの月間平均などによって、2010年1月〜3月では1PVあたり0.01〜0.05円の広告収入が得られます。


それらの広告料を目的として面白法人カヤックや空飛ぶ株式会社など、アプリを開発する法人も存在します。もちろん個人でアプリを開発しても、それらの広告料を得ることができます。そして、ソーシャルアプリの開発者に対して、出資・融資・アプリの買い取りなど資金面での支援を実施するファンドも存在しています。オープンソーシャルドキュメンテーションの数も増え、誰でも簡単にアプリ開発ができる段階にきていると言えます。また月間1億円以上を稼ぐアプリも登場してきています。
screenshot  screenshot

儲かるアプリの要素

簡単に言えば、mixiアドプログラムではPVに応じて広告料が支払われる仕組みになっています。つまりPVが稼ぐことが最大のキャッシュポイントとなります。つまり、儲かるアプリを作るためには何度も何度もユーザがそのアプリにリピーターとしてやってこなければいけないのです。思い出してみましょう。サンシャイン牧場、ハッピーアクアリウム三国志 for mixiなど、自分のデータを保存して繰り返しアクセスするアプリを使っている人が多いのではないでしょうか??ビジネス用語でロックインサイクルと言いますが、使えば使うほど顧客をそのアプリにロックしていく仕組みが必要になるのです。野菜を収穫するためにまたアクセスする、魚に餌を与えるためにまたアクセスする、友達とスコアを競ってまたアクセスする、○○さんのところに虫が発生しているからアクセスするといった具合に。つまりやればやるほど、mixiやアプリ開発者にチャリンチャリンとお金が入ってきます。生活インフラのように必要不可欠に感じさせる要素、友達と競争させるような要素、1アクセス当たりのユーザの負担を少なくする要素、クラウドソーシング、マイクロボランティア的要素など工夫の点はいろいろです。ゲームの仕組みからユーザビリティまでそれら要素はちりばめられています。

アプリの招待が乱立する理由

よく友人からアプリの招待状が届きます。もちろん純粋に友達に教えてあげたいという人もいるとは思います。そして私って友達から人気なのかしら??と思う人もいるかもしれません。しかし現状は招待する側は誰かを招待するとゲーム上でのレアなアイテムがもらえるというインセンティブが働いているのが大きな要因だと考えられます。では、なぜこのような招待機能が存在するのか??それはPV単価の条件に書いたようにマイアプリ登録者数によってPV単価が変化するからです。アプリ開発者は多くのユーザに使ってもらえればもらえるほど、広告収入が得られるのです。自分が作ったものを多くの人に使ってもらいたいという技術者のモチベーションももちろんありますが、招待機能を付与させてユーザに招待するインセンティブを与えるというのは極めて合理的なのです。

最後に

ここまで読んでmixiアプリが無料で楽しめる理由はわかったでしょうか。単なるユーザになり下がるなということなのか、アプリ開発者になれということなのか考えてもらえたでしょうか。何も生み出さないユーザよりもアプリ開発者になった方がよさそうという結論が導けそうですが、でも本当に勝ち組みなのはそれを運営しているmixiだと思います。素敵なアプリを開発しても、その広告収入の単価の決定権はmixiにあるのです。趣味でmixiアプリを作ってみる、iPhoneアプリを作ってみるということは自由です。またアフィリエイトのサイトの運営をするのも自由です。一度作れば不労所得として毎月ストックが得られるのはいいと思います。しかしこれを一生の職業にするのは危ないと警告します。就職活動中の人や転職を検討している人もいると思いますが、職業としてソーシャルアプリのデベロッパーになるのは理にかなっていないと思います。やるならあくまで趣味です。これが私の結論です。

広告を非表示にする