読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

【感想】ちょんまげぷりん

ちょんまげぷりんを見ました。
タイトルがなめきっている映画だと思います。
でもこんなタイトル嫌いじゃないです。
結構面白い映画だなーとか思って楽しんで見ました。
最近、巷でイクメン*1が話題になっているのを少し思い出しました。
男が仕事を頑張ることは大事ですが、家庭ももちろん大事だということをなんとなく考えさせられる映画です。
都内だと恵比寿ガーデンシネマ、シネマート六本木でしか見れないのでマイナー映画です。
なのでレンタル版が発売されたらぜひ見てあげてください♪w



荒木源の小説「不思議の国の安兵衛」を映画化したものです。
忙しい日々をおくるシングルマザーのひろ子(ともさかりえ)は、江戸時代からタイムスリップしてきた侍・安兵衛(錦戸亮)と出会い、なりゆきから家に居候させることに。
安兵衛は家事のすべてを引き受け、やがてプリンをきっかけにお菓子作りに目覚めていく。
そしていろいろなハプニングを乗り越えながら…
というお話です。
最近ともさかりえはどこに行ったのかなー?なんて思っていたので、元気そうで良かったですw

*1:育児を積極的に率先して行う男性、育児を楽しんで行う男性を意味する。産休による出産後、女性が引き続き育児を行うのが一般的であった。これに対し、男性が育児休業基本給付金といった制度を利用し、育児休暇をとって積極的に育児を行う男性が増えた。こういった男性を賛美する言葉として出来たのがイクメンである。ただし、休暇をとって育児をしたい男性は多いものの、収入が下がる、会社の評価が低くなるといった理由から、まだまだ日本における事実上のイクメンの数は少ないのが現状である。

広告を非表示にする