読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

【感想】TED

TEDフルを見ました。

テッド [DVD]
テッド [DVD]
posted with amazlet at 14.07.31
ジェネオン・ユニバーサル (2014-03-05)
売り上げランキング: 829

家にしゃべるクマのぬいぐるみがいるっていうだけな気がします。
アメリカンコメディの王道って感じでそれ以上の感想はないかもしれませんw
とりあえず元ネタを知りたい人はぜひ。
1985年、ボストン郊外が舞台だった。
誰にも相手にされない孤独な少年・ジョンは、クリスマスプレゼントでもらった唯一の話し相手であるテディベアと、本当の友人になれるよう天に祈りを捧げる。
翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア・テッドはジョンに「一生親友だよ」と約束する。
しかし、やがて奇跡は日常となり、少年は大人へと成長する。それから27年、ジョン(マーク・ウォールバーグ)はいつまでも青春時代から脱却できないダメ男に成長、テッドも見た目は可愛いテディベアのままだが中身だけが成長し、いまや下品なジョークと女の事で頭がいっぱいの中年テディベアに成り下がっていた。
少年時代の約束通り、親友として今日も自宅ソファーで自堕落で低モラルな毎日を送るジョンとテッド。そんな中、ジョンは4年間付き合っている彼女・ローリー(ミラ・クニス)から、自分かテッドのどちらかを選ぶよう迫られ、テッドから自立することを決意する。
テッドも自らの部屋を借り、スーパーで働いて生計を立てていた。
だが、寂しさからジョンを繰り返し呼び出し、そのたびにローリーに「最後のチャンスだ。
ちゃんと自立する」と弁明する。ところが、ローリーの会社の上司が主催するパーティーで、上司がローリーにアタックし続けていることを知りながら、ジョンはテッドのパーティーに参加してしまったことから、ローリーは激怒。別れを告げられてしまう。
テッドが、「ジョンに最後に会って話をして欲しい」と懇願したことで、ローリーはジョンと会うことにした。
そこで、テッドが誘拐されたという電話を受け、ローリーの運転する車でテッドを誘拐した犯人・ドニー(ジョヴァンニ・リビシ)の元へと向かう。
ドニーから必死に逃げる途中、テッドの胴体は真っ二つに割かれてしまい、テッドは単なる人形になってしまった。
ジョンとローリーは必死につなぎ合わせるが、テッドの意識は戻らなかった。
一晩明け、ローリーの願いにより、テッドは再び意識を取り戻す。3人は再びよりを戻し、ジョンとローリーは結婚することになったのだった。

広告を非表示にする