かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

自己売買部門と手数料ビジネスの男性は雲泥の差

一般的に金融マンは手堅い的な謎な迷信がある。
まぁあっているようで間違ってもいる。
本当に大事なことはその金融マンの部門が肝心になってくる。

http://nrep.jp/guide/img/top_center.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/creca_ex/imgs/7/1/7171c188.jpg

基本的に同じ証券や銀行と言ってもだいぶジャンルが異なる。
まず営業部門はと言えば、自分の証券会社で取り扱っている金融商品を売ることによる一種の手数料で儲けている。
一方で自己売買部門と言えば、自分の会社の金で思いっきりマーケットに対して勝ちに行く。
だからこそ、実は同じ金融でも結構やっていることが違う。
単純に金融が好きだと言う前にどっちが好きなのかははっきりさせておいた方がいい。
株と債券でもその種類は違うし、債券の中でも種類がある。
だから金融を志望する人はもう少し自分は金融のこの分野がいいという明確な意識を持った方がいい。

広告を非表示にする