読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

アフィリエイト講師という謎の職業の存在に気がつくべきだ。

www.youtube.com

アフィリエイト講師という謎な存在

アフィリエイトの講師という謎の存在に人々はなぜ気が付かないのか?
与沢翼?が有名ですが…
アフィリエイト講師っていうのは絶対に嘘です。
年収一億円を稼ぐ?
だったら、こんなセミナーをやっている暇ではない。
素人に教えて何になるというのだ?
もっと自分のアフィリエイトスキルを磨くべきだということに。
与沢翼にとって、セミナーを開くことがアフィリエイトである。

「儲かる方法を教えます!」というのは不思議な話である。

儲かる話があるなら他人に教えている場合ではないということになぜ人は気づかずに謎な情報商材を買ってしまうのかということ。
教師という職業は「神職」と呼ばれる。
その所以は人が生きていくすべを教えてくれるからである。
でもアフィリエイターを教えるアフィリエイターは存在しない。
だって他人に儲けるコツなんかを教えていたら商売あがったりだからだ。
ネット上に謎なセミナー動画がちらほら落ちている。
あぁ、残念な参加者だと思う。
儲けるコツがあったら、他人に誰も教えないであろう。
これが人間の性である。
もしも儲けるコツを教えてくれるのであれば、その教えてくれる事自体がビジネスになっているということに。
物事は持って持たれつという関係である。
お客様がいて、お店がある。
患者がいて、医者がいる。
というように絶対に払う側ともらう側が存在してします。

でも唯一その条件を満たさない職業がある。

それは教師とお坊さんである。
これら職業は一般的に神職と呼ばれる。
「儲けるコツを教えます」というのには大きなジレンマが存在することになぜ人は気づかないのだろうか?
人に教えている暇があったら、「自分でもっと頑張れば?」と返せばいいのである。

広告を非表示にする