かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

いい大学に行く意味→結婚を後伸ばしにできること

中学生、高校生の頃にいい大学に行く意味はなんだろうか?と考えた。
やっぱいい大学に行ったほうが年収が高くなるだろうーという学生なりの考えがあった。

https://publishers-static.s3.amazonaws.com/magazine_image/3/7ef6317f924f4c0b9ab5a0fb99a69fbe.jpg

本質はそこじゃない。
高学歴な方が、年をとっても独身でいられるというメリットがある。
30歳のハーバード大卒の男
30歳のコンビニバイトのフリーターがいた場合に
おそらく前者の方が魅力に見える。
30歳なのに、婚活市場でまだ売れ残っている。
性格やルックスに問題がある可能性もあるが、
30歳まで結婚しなくてもいけると思った自信とその実力があったからだと思う。

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-2c-0a/starauto_jp/folder/1028254/78/23908778/img_1?1268283872

ヤンキーの場合、早く結婚しないといけない。
結婚市場というのはサドン・デス方式の勝ち抜けマーケットだ。
イケメン・高学歴な人は強めの人生略を取って、ぎりぎりまで結婚しないで独り身でいる選択肢が取れる。
芸能人の結婚を見てみると明らかに晩婚が多い。
自分に自信があるからギリギリまで粘れる。
でもヤンキーや日雇い労働者は早めに結婚市場から抜け出さないと、死のロードを突き進むことになる。

広告を非表示にする