かずきち。の日記

Pythonエンジニア&元東大生のつぶやき

検索エンジンが存在できる理由

さて、Googleはみなさんもご存知検索エンジンなわけなんですが、検索エンジンが存在するためには一つ条件が存在することはご存知でしょうか?

みんなが記事を書いてくれたり、動画をあげてくれないと意味がありません。

検索エンジンは何千何百というウェブページの中からあなたがお探しのページを探してきてくれます。
本屋さんの司書さんみたいなものです。

本が10000冊も売っている本屋で
店員に「日曜大工でオススメの本ってありますか?」
と尋ねたとしましょう。
すると店員はあなたの要望通りに日曜大工の本を紹介してくれるでしょう。

でも本を3冊しか売っていない本屋で
店員に「日曜大工でオススメの本ってありますか?」
と尋ねることは意味があるでしょうか?
おそらく答えはノーです。
本屋に3冊しか本を売っていないのに、店員はいりませんね?
本を100000冊扱っている本屋なら、店員はいります。

すなわち検索エンジンが重宝されるのは情報が多い時、情報爆発が発生している時にこそ役に立つのです。

検索エンジンは便利だ

というのは、短絡的です。

情報がたくさんあるという前提で、検索エンジンがあると便利だ

と言い換えなければならないと思います。

広告を非表示にする