かずきち。の日記

サーバサイドエンジニアのつぶやき


CBDC(Central Bank Digital Currency)が始まる!CBDCで何ができるの?

CBDCがついに始まる

www.coindeskjapan.com
引用:
https://www.coindeskjapan.com/tag/cbdc/

PayPayやLINE Payなどの電子マネーがついに国ベースで始まります。

CBDCとは…
中央銀行が発行するデジタル通貨のこと。英語表記「Central Bank Digital Currency」の頭文字をとって「CBDC」と呼ばれる。法定通貨建ての電子的な通貨で中央銀行の債務として発行されることが要件とされている。ブロックチェーンを含む分散型台帳技術などの仕組みを利用することでCBDC導入を検討する動きが各国に広がりつつある。

f:id:kazukichi_0914:20201016124302p:plain

納税などをデジタル通貨で行いますというお話です。

お金には色がない?

デジタル通貨になった場合、お金に色が付きます。
Aさんの1000円と、Bさんの1000円は現実世界ではわかりません。
でもデジタルマネーの場合、資金還流がしにくいです。
暴力団が得たいかがわしい資金がどうやって流通しているのか追えるようになります。

メールの予約送信みたいなことがお金でできる

"メールの送信日時を設定する"
support.google.com

税金や公共料金の回収、〜〜の条件が揃ったら〜〜に送金するっていうのがおそらくプログラムベースで行われます。
遺産相続を行うときも予め持ち分のパーセンテージを設定しておけば、子どもたちに送金ができます。

お金に色を付けられるので、お金の持ち主によって金利を変えられる

100万円を銀行に預けたら、つく金利は差をつけづらいです。
でももしお金の持ち主を追えるようになれば、年収が低い人が100万円を預けた場合の金利と年収が1億円の人が100万円を預けた場合の金利を変えられることです。
PayPayなどのバーコード決済が普及しましたが、これからまだまだ電子マネーの革命が起きそうですね。